傷跡修正の施術について

小鼻縮小手術の傷跡修正の追加情報

美容において、鼻に関するお悩みを持つ方は少なくない。鼻は人間の中で一番目立つ顔のその中でも真ん中にあるためである。その鼻の頂点である部分を小鼻と言うが、その小鼻を美容外科により縮小してしまおうというものがある。これによる効果は、単純に鼻を高く、あるいは小さく見せたい時、丸みを帯びた小鼻、いわゆる団子っ鼻を解消したり、鼻筋が通る鼻にしたり、また、鼻の穴が大きかったりして目立つのを解消したりすることである。しかし、失敗することもあり、小鼻縮小手術に関する傷跡の修正手術というのは少なくない。
小鼻縮小手術には鼻孔を手術する方法と、小鼻と頬の境目から外側を切開するという方法がある。切開する方がリスクが多く、傷跡修正手術もそちらのケースの方が多い。しかし、小鼻を縮小するという性質上、再生手術は困難なものだ。なぜなら、基本的に組織を切り取る、無くす手術のため、修正というと意味が違ってくるのである。そういう場合は新たに鼻にシリコンなどを入れなければならず、それでは傷跡修正というよりはどちらかというとプチ整形の領域になってくるのだ。
そうならないように、出来るだけ技術の高い医師を選ぶに越したことはなく、よく調べた上でクリニックを選ぼう。