傷跡修正の施術について

傷跡修正と健康保険

健康保険とは便利なものである。掛け金さえ払っていれば、もし病気になっても自身は少額の負担で済むからだ。しかし、病気でなければ健康保険は使えないし、また、健康保険が適用されない病気というものもあり、認可外の治療、医薬品であったり、厚生労働省が追い付かない程度の最先端医療の場合がそれだ。もちろん、美容目的であったり、日常生活に支障をきたすものではないとの診断を受けたりした場合も同様に、健康保険の恩恵は受けることが出来ない。では、傷跡修正はどうか。
瘢痕拘縮というものがある。これは傷が治る過程におきる皮膚がひきつれることでおきる現象である。一般的にはケロイドやケロイド状になったmという表現を受ける。これはいったん拘縮すると除去するしかないので、目立つところにあった場合は当然傷跡修正治療をせねばならなくなってくるが、この修正治療とも言うべき瘢痕拘縮形成術は保険適用外なのである。その理由としては、傷跡がケロイドになっても日常生活に支障をきたすものではない、との理由が挙げられている。ただ、これらは原則である。原則には例外が付き物である。そこのところは医師や専門家と相談し、費用については確認をしてみてほしい。