傷跡修正の施術について

2.傷跡修正アフターケアについて

何らかの手術をすると傷跡が残ることは一般的です。傷跡は自然に薄くなりますが、場合によっては大きく残ってしまうこともあります。術後のケアとして、化膿止めやその他の薬の処方、マッサージなどを行ないますが、手術によっては抜糸後に化膿してしまうこともあります。

傷跡修正のために皮膚科や美容外科などで手術を受けることもありますが、必ずアフターケアが必要です。ケアを適切に行わなければ術後の状態を安定させることは難しいと考えてよいでしょう。たとえば、美容外科で傷跡修正の手術を受けると化膿止めが処方されます。麻酔を使用した場合には痛み止めの処方もあります。化膿止めは処方された通りに飲み、痛み止めは痛みが我慢できない時に限り飲むように指示されます。また、当日はシャワーや入浴はできないことが多いです。傷口に刺激を与えないようにするためです。これらの注意事項は、必ず医師から指示されますので、きちんと守りましょう。また、抜糸までの間は無理な運動も控え、落ち着いて過ごすようにしましょう。

このような注時事項は傷跡修正手術後のアフターケアとして本人が守らなければならない重要なポイントです。病院の指示に対して不安や心配なことがあれば、どんな些細なことでも医師に相談しましょう。また、手術後の経過やケア期間は医療機関によって異なりますので、確認しておきましょう。